導入メリット|勤怠管理システム『タッチオンタイム』
勤怠管理システム『タッチオンタイム』の特徴

タッチオンタイムで勤怠管理業務が楽になる

タッチオンタイムの導入メリット

業務改善

勤怠管理をシステム化すると、打刻情報の自動集計機能で集計業務の軽減をはじめ、休日・有給管理、残業基準の設定による警告機能などを活用すれば、様々な業務改善効果が見込めます。

コストダウン

タイムカードは意外とコストのかかるもの。さらに集計の手間やタイムカードの保管費を考えると、システム化を行うことでコストダウンになるケースが少なくありません。

タッチオンタイムはクラウドシステムなのでサーバー購入などの初期費用もかかりません。

  • 勤務情報の自動集計による事務コストダウン
  • 勤怠データ保管
  • 不正打刻防止による過払い賃金の適正化
  • 残業時間の適正な指導
  • タイムカードなど消耗品が不要
  • 勤怠情報のデータ化による運送費が不要

勤怠の見える化

タイムカードで勤怠を管理している場合、締日後の集計が終わらないと勤務状況が明らかになりませんでした。

しかし、勤怠管理システムを導入すれば、勤怠状況はリアルタイムでチェック可能。更に、自拠点だけでなく多拠点の勤務状況まで確認することが可能です。

  • 勤務状況確認
  • 残業状況確認
  • 異常勤怠確認
  • 人件費概算
  • 海外拠点の勤務状況確認・勤怠管理

シフト管理

勤怠管理システムを導入する際、一緒にシフト管理を行いたいという声が多く寄せられます。タッチオンタイムはシフト管理を標準機能として搭載しています。

  • スケジュールパターンの設定
  • 日次シフト管理
  • 月別シフト管理
  • シフトの予実管理
  • 携帯電話対応
  • 勤務希望時間編集

不正防止

タイムカードの打刻とは違い、生体認証式のタイムレコーダーを使用すれば、不正打刻を防止できます。

また、勤怠管理システムを導入したことで、勤務態度がリアルタイムにわかり、他の従業員と比較もしやすく、適正な評価に繋がったという声も寄せられています。