多くの飲食店でご利用いただいている勤怠管理システム「タッチオンタイム」

導入事例 コメダ珈琲店 様

集計作業の削減!
勤怠状況のリアルタイム確認も
できるようになりました!

会社名 株式会社コメダ
業種 コーヒーショップ
利用者 800人
利用拠点 640箇所
使用タイムレコーダー タッチオンタイムレコーダー
導入前の管理方法 紙管理
導入前

勤怠管理システムを導入する前は、紙での管理・集計を行っていましたが、収集と集計の作業に多大な時間をかけていました。今後、多店舗展開の拡大を行うにあたり、「リアルタイムでの打刻確認」と「適正な生産性の確認」が必要となりました。

導入後

勤怠管理をシステム化したことで、正確な勤怠データを簡単に収集・集計することが可能になりました。

また、現時点でのリアルタイムな打刻(出勤)状況とスケジュール等の予実管理帳票により、適正な人員配置を 確認することができ、それをSVや店長様にも意識するようにできました。

導入事例 餃子舗 宇都宮みんみん 様

集計作業の簡素化を実現しました

会社名 株式会社みんみん
業種 餃子専門店
利用者 150人
利用拠点 12箇所(店舗・工場)
使用タイムレコーダー タッチオンタイムレコーダー
導入前の管理方法 タイムカードでの管理
導入前

勤怠管理システムを導入する前は、紙での管理・集計を行っていましたが、収集と集計の作業に多大な時間をかけていました。それにより、各店舗責任者の集計時間に負担がかかり、毎月締日に必要とする集計情報を、本部側がスムーズに受け取れませんでした。

導入後

勤怠管理をシステム化したことにより、正確な勤怠データを簡単に収集・集計することが可能になりました。 また、各店舗責任者が手作業で行っていた集計作業も自動化することにより店長の負担が減り、より一層お店の売上UPに時間をさける形をとる事ができました。

導入事例 東京ラーメンけいすけ 様

集計作業の簡素化を実現しました

会社名 株式会社グランキュイジーヌ
業種 ラーメン
利用者 100人
利用拠点 8箇所
使用タイムレコーダー 静脈認証タイムレコーダー
導入前の管理方法 タイムカード
導入前

以前はタイムカードを各店舗から本部に郵送してもらい、給与支払のために集計作業を行っており、膨大な時間を費やしていました。特に応援勤務の集計が大変でした。

また、不正打刻がされていないかといった心配もありました。

導入後

勤怠管理をシステム化したことにより、正確な勤怠データを簡単に収集・集計することが可能になりました。

手作業で行っていた集計作業も自動化することで、各店舗責任者の負担が減少。お店の売上向上のための業務に時間をとる事ができるようになりました。