インタビュー あおば社会労務士法人様

クラウド型勤怠管理システム シェアNo.1の実績

導入インタビュー

お客様も社労士も満足できる、そんな勤怠システムです
勤怠システムに悩んでいる方がいたら是非ご紹介したいと思います

会社名 :あおば社会保険労務士事務所
 (販売パートナー)
業種 :社労士事務所
導入企業 :約500名  製造業 その他複数社
使用タイム
レコーダー
タッチオンタイムレコーダー
 他各種タイムレコーダー

事業紹介

あおば社会保険労務士法人様は、多くのクライアント様と顧問契約を結び、企業の労務管理をはじめとする幅広い業務領域の法的知見や業務効率知見、更には従業員の満足度の観点などからアドバイスをし「すべてはお客様の笑顔と成長のために」をモットーにした社労士事務所です。

勤怠システムがこんなに手間のかからないものだとは知らなかった

Touch On Timeと出会う前はどのような勤怠システムをお客様へご紹介されていたんですか?

藤原:Touch On Timeと出会う前は、某社の勤怠システムをお客様先にご紹介していました。
しかし、私たちのお客様はゲームセンターや美容室といったサービス業がメインでアナログ管理なシフト作成はもちろんのこと個人ごとに勤怠の集計ルール等が異なっていたため非常に煩雑な勤怠管理をされていました。

そのためか、通常の勤怠管理システムではなかなか対応することが難しかったため、私たちがご紹介したシステムがうまく稼働せず、私たち自身システムのフォローをお客様へとすることとなりその時は手間がかかり、すごく大変でした。

また別の大手のお客様ではありますが、労務のコンサルを行っているときも勤怠システムの相談をうけ、いつも紹介している企業様ではなく当時の勤怠メーカー最大手の企業を紹介しました。

しかし、初期費用が500万円以上もかかり、かつ本当に使えるかどうかを試験運用することができなかったため、お客様は本当に導入するか、使えるかわからないシステムを大きな金額を払ってから導入するしかありませんでした。仮にシステムが稼働しないとなると初期費用が無駄になってしまうため、大きなリスクがあると感じました。

結局、そのシステム自体は稼働はしたのですが後に細かい質問や仕様の変更となった場合には別途のサポート費用がかかるため、勤怠システム一つを導入するにいたってはなかなか費用対効果がでないものもありました。

私たち社労士は、勤怠システムは導入~本稼働、更にその先にある運用が軌道にのるまでに時間がかかるため、フォローが難しいものだと思っていました。

手間のかからない勤怠システムに出会い、ビックリしてます

Touch On Timeと出会ってから、なぜお客様へ紹介しようと思ったのですか?

藤原:実は非常に信頼ある別の社労士仲間から紹介を受け、その方からの評価が良かったのがきっかけで、お客様に紹介してみようと思ったのです。

このシステムの一番の良さは、あくまで私たち社労士の個人的な感想ですが、我々の手間をとらないことです。先程も申し上げた通り、今まで何度も他社さんの勤怠システムを紹介して導入してもうまく稼働せず、そのたびに私たちもお客様先へ訪問したりするといった行為が必要でした。

しかしTouch On Timeでは、システム導入後はお客様が分からない事を全てサポートセンターが教えてくれますので、私たちが何かしら手を貸すといった行為がなくなりました。また本当にきれいに稼働するのか?といった不安もありましたが、最初に紹介した500名の製造業でもきれいに稼働しており、ビックリしました。(特にシフト作成等)

通常の勤怠システムではありえないことだったのが、こんなに簡単に稼働できたことに本当に驚きました。

お客様も社労士も満足できる、そんな勤怠システムです

今後、Touch On Timeをお客様にご紹介されることはありますか?

藤原:勤怠システムに悩まれている方がいましたら是非ご紹介したいと思います。

なぜなら、このシステムの一番の良さは無料で試してみて、自社に合わなければやめればよいというシンプルさとリスクのなさ、また他社ではかかっていた、システム初期費用も不要であり利用した分のみの課金体系であるため非常に使う側にとっては優しい料金体系だと思いました。むしろこれでメーカーさんはやっていけるの?と思いました。

勿論金額だけではなく、機能面も評価しています。
お客様の独特な勤怠ルールに標準対応(カスタマイズなし)でき、またシステムを導入した後もサポートセンターがきっちりとお客様のフォローをしていただける体制が気に入ってます。

我々社労士にとっても工数を変えずに導入ができかつお客様も満足していただけるため、よりよいお客様との関係を保つコンサルティング活動ができます。

その他の導入事例

  • 社労士 藤原 英理 プロフィール

    1961(昭和36)年千葉県生まれ。1987年東京大学大学院(農芸化学専攻)修了。製薬会社にて研究職に従事した後、4年間米国在住。帰国後、証券会社に入社。社会保険労務士、CFP取得の後、身につけた知識を少しでも事業者、一般消費者に役に立つようにと、2003年に独立、社会保険労務士・FP事務所を設立。2004年に社会保険労務士事務所を、あおば社会保険労務士法人として法人化。「あおば社会保険労務士法人」の代表として、中小企業の人事労務面のコンサルティングを担当。特に人事制度、賃金、退職金等の総合的な相談、労働紛争相談を中心に企業を支援。各企業の「人」の問題を解決して、「元気な会社」づくりを応援したい!と東京、静岡の2拠点で奔走。

    あおば社会保険労務士法人 Webサイト

    ※無断転載は固くお断りいたします

    勤怠管理システム『タッチオンタイム』のお問い合わせはこちら
    勤怠管理システムタッチオンタイムへのお問い合せはこちら
    勤怠管理システムタッチオンタイムの30日無料トライアルのお申込はこちら
    ページの先頭に戻る