働き方改革で使える機能|勤怠管理システム『タッチオンタイム』

働き方改革で使える機能

働き方改革で使える機能

働き方改革の第一歩は正確で客観的な勤怠データの管理から
リアルタイムで従業員の就業状況を把握し、的確に指導しなければいけません
また有給休暇の取得が義務化となり消化日数の管理が必要になります

残業時間の管理

従業員の残業時間管理が簡単に行えます。

残業時間の計算基準は自由に設定でき、計算基準に合わせてリアルタイムでの残業時間集計が行われます。超過アラート機能と組み合わせると、適切な残業指導が可能になります。また、フレックス勤務・変形労働の残業管理にも対応可能です。

詳しくはこちらの残業時間の管理ページをご覧ください。

残業時間の管理について

残業時間の管理

超過アラート

勤怠に関する様々な項目の超過アラートを設定できます。

設定した既定値を超えると、管理者の画面表示・従業員本人と管理者へのメール通知を行うことができます。

超過アラートは遅刻などの勤怠管理の側面と、深夜残業時間、休日出勤回数、勤務間インターバルの不足回数などの従業員の健康管理の側面から、様々な項目の設定ができます。

例えば、規定の残業時間よりも前に超過アラートを設定しておけば、残業時間が規定時間を超過する前に適切な指導を行うことができます。

超過アラート

有給休暇の取得義務対応

有給休暇の管理はもちろん、取得回数や取得率を簡単に確認することができます。

詳しくはこちらの休暇管理ページをご覧ください。

※働き方改革関連法案の成立により、2019年4月1日より年間5日間の有給休暇取得義務化が開始されます。

休暇管理について

有給休暇の取得義務対応

勤務間インターバル制度

勤務間インターバル機能を利用できます。

勤務間インターバル機能は最後の退勤時間と次の出勤時間が設定された時間未満だった場合に不足した回数をカウントする機能です。この機能を利用して過重労働を未然に防ぐことができます。

勤務間インターバルが足りていない場合の回数を超過アラート機能で設定すれば休息の足りない従業員に適切な指導が行えます。

勤務間インターバル制度

フレックス勤務

フレックス勤務に対応しています。コアタイムの設定も可能です。

フレックス制度

変形労働制度

変形労働制度に対応しています。

基準時間は月単位・週単位で設定できます。

変形労働制度