残業時間の管理|勤怠管理システム『タッチオンタイム』

残業時間の管理

残業時間の管理

残業時間や休日出勤状況などを可視化します
残業時間が基準値を超えると本人・管理者宛にアラートを送れます
また変形労働・フレックスにも対応しています

残業基準の設定

残業の計算基準を自社ルールに合わせて設定できます。

通常の残業に加え、深夜残業、休日残業などの設定も可能です。また、週単位・月単位の変形労働に合わせた残業時間の設定にも対応しています。

残業の計算基準は社員、パート、アルバイトなど、それぞれに人数問わず設定できます。

また、残業内容ごとに時給単価を設定することができるので、概算の残業費も確認できます。

残業基準の設定

残業時間の確認

リアルタイムで残業時間の確認ができます。

従業員本人は自身のタイムカード画面にて、月の合計残業時間、日別の残業時間を確認できます。(非表示も可能)

管理者(人事・総務担当者及び部署長・マネージャーなど)は、自由に設定された権限内での残業時間を日別・週別・月別・年別にわけて閲覧できます。もちろん個人単位での確認も可能です。
※所属はいわゆる部署やグループなどの単位を設定する項目です。所属は制限なく追加できます。

残業時間の確認

残業時間の管理

残業時間はリアルタイムで集計されるため、月の途中でも従業員の残業時間がどれくらいなのか、部署単位・個人単位で簡単に確認できます。

また超過アラート機能を利用できます。残業時間基準を超えてしまった従業員がいた場合、従業員本人とその管理者にメール通知ができるので、適切な残業時間の指導を行えます。(メールの宛先は管理者以外に設定することも可能)

残業の申請制を採用した場合
未申告で所定時間以上の労働履歴がある場合、メール通知を行うことができます。未申告の労働履歴は自動的に残業代として計上されることはありません。

残業時間の管理

残業の申請制

残業を申請制にすることができます。

残業を申請制にすると、申請なしの残業は残業時間に加算されず、所定時間として設定した終了刻限が退社時間となります。

残業の申請はパソコン、タブレット、携帯・スマホから行えます。

また、未申告で所定時間以上の労働履歴がある場合、メール通知を行うことができます。

残業の申請制

フレックス勤務

フレックス勤務に対応しています。

フレックス勤務を適用した場合、月単位・週単位の総労働時間と所定時間を集計します。労働時間に応じて残業時間の集計を行うこともできます。
コアタイムの設定も可能です。

フレックス勤務

変形労働制度

変形労働制度に対応しています。

基準時間は月単位・週単位で設定できます。

変形労働制度

超過アラート

残業時間に対して超過アラートを設定できます。

設定した内容は管理者画面でアラート対象者の抽出ができます。また、従業員本人と管理者へのメール通知を行うこともできます。(メールの宛先は管理者以外に設定することも可能)

超過アラートは、残業・深夜残業・休日残業などの区分と、対象期間(日別・週別・月別)を組み合わせて設定します。

例えば月の残業時間上限を40時間としたい場合、アラート値を「月別残業時間30時間」と設定しておけば、残業時間が30時間を超えたタイミングで従業員と管理者にメールが送られます。そこで業務量のコントロールなど行い、残業時間の超過を未然に防ぐことが可能になります。

超過アラート
超過アラート