勤怠の管理ってなぜ必要なの?勤怠管理の歴史と勤怠管理の必要性|勤怠管理システム『タッチオンタイム』 | 勤怠管理システム『タッチオンタイム』
知っとく!勤怠管理!

勤怠管理に関する耳寄りな情報を随時発信

知っとく!勤怠管理!

勤怠の管理ってなぜ必要なの?勤怠管理の歴史と勤怠管理の必要性

今回の「知っとく!勤怠管理」では趣向を変えて、勤怠管理の歴史と勤怠管理の必要性を掘り下げてみます。

勤怠管理の登場と普及

勤怠管理の歴史を紐解いてみると、日本で勤怠が管理されるようになったのは江戸時代からという説があります。当時は当然ながら、すべて手書きのアナログスタイルでした。

そして、手書き勤怠管理の転機となるタイムレコーダーは、1871年にアメリカで誕生しました。日本にタイムレコーダーが入ってきたのはだいぶ後のことになります。やがて日本にもタイムレコーダーが導入され、多くの工場などで利用されるようになりました。

日本の勤怠管理事情

皆様ご存知の通り、日本には高度成長期の時代がありました。戦争が終わったあとの焼け野原から、日本人は必死に働いて日本経済をうるおいあるものへと変えていく時代です。その頃は企業や工場の新規設立が多くなり、当然のことながら労働人口も多くなりつつあったことでしょう。この時代は日本でもタイムレコーダーが活躍していました。

タイムカードには従業員の氏名の記載があり、出勤と退社時にはタイムレコーダーに用紙を差し込み、印字しての管理体制です。手書きの勤怠管理よりは正確で簡単に管理できるとはいえ、この先の集計作業は手作業になるため、当時の総務人事経理部はかなり負担がかかっていた時代でもあります。

集計作業による大変な労力は、その後のデジタル化によって解消をされることとなりました。コンピューターと連動する仕組みのタイムレコーダーや勤怠管理システムの登場により、勤務時間の自動集計が可能となりました。最近では、ただ勤怠を管理するだけではなく、その会社の就業ルール・変形労働制などに合わせて残業時間の算出ができるシステム、有給休暇の申請・管理、ワークフロー機能、シフト管理機能、給与ソフト連携機能、生体認証打刻、多言語対応など、多岐にわたる機能が揃った勤怠管理システムが数多く登場しています。

勤怠管理はなぜ必要なのか?

勤怠管理はなぜやならくてはいけないのでしょうか

コンプライアンス遵守のために必要、という考え方も間違いではありませんが、もっと根本に立ち返ってみます。

そもそも労働基準法の第一章には「労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。」と記されています。また、他の項では「賃金は労働した日もしくは時間によって算出される」とあります。ここからわかるように、勤怠管理は労働者が労働に対する対価(賃金)を正当に得るため、そして健康的に生活を営むために、労働量を可視化するためのもの、と要約できるのではないかと思います。

また、経営的な側面から考えると、生産金額における労働時間などを集計すれば、時間当たりの生産性がわかるようになるため、経営指標の一つとして役立てることも可能です。

現代日本における労働時間は、労働基準法違反にあたるようなことがあると、大変厳しいものとなっています。取り締まりが厳しい時代の企業でもある現代では、従業員たちの労働時間は、一定の規定内に必ず収まるようにする必要がありますし、その管理は企業の役目です。業務時間と給与への不満から、労働基準監督署より調査に入られることもあります。もっと最悪なのは、訴訟を起こされるケースであり、そのリスクを下げるためでもあります。

企業側として、正しい人件費の計算をするためにも、勤怠に関わる管理体制は公平なものでなければなりません。正しい金額の給与を支払うことにより、結果的には会社として、コストの削減につながるというメリットを期待できるケースもあります。さらには、業績をあげるためにも、管理は正確に行う必要があります。