システム概要|勤怠管理システム『タッチオンタイム』

タッチオンタイムとは

便利な機能で勤怠管理をシンプルに

タッチオンタイムのシステム概要

タッチオンタイムはクラウド型の勤怠管理システム。

管理者用のパソコンと、インターネットに接続できる環境、ご利用環境に適したタイムレコーダーを準備していただければ、サーバー不要で気軽に勤怠管理システムが始められます。

従業員が便利に使える

様々な方法で打刻できる

豊富なタイムレコーダーのラインナップで、どのような環境やニーズにもお応えいたします。

不正打刻を防ぐ指紋や静脈などで打刻する「生体認証」、手軽に打刻できる「ICカード認証」、お金をかけずに導入しやすい「携帯打刻」や「Webブラウザ打刻」など、打刻方法は様々です。

管理者が便利に使える

リアルタイムで各拠点の勤怠情報を見れる

勤怠管理システム「タッチオンタイム」を導入すると、勤怠管理の事務処理が楽になるだけでなく、勤怠の見える化やコストダウンなど様々な効果が。

管理者が便利に使える

シフト管理も使える

勤務シフトの作成・管理が簡単に行えます。設定は数値入力による設定とマウス操作による直感的な操作で、どなたでも設定することが可能です。

また、シフトがパターン化できる場合は、シフトパターンを作成し、曜日別、月別、さらに個人別に設定することができ、ますます簡単にシフトの管理が実現できます。

※シフトパターンは何通りでも登録することができます。

管理者が便利に使える

人件費の予実管理が可能

作成した予定シフトと、実際の勤怠情報を比較して予実の確認を行うことができます。

これにより人件費予算の配分を、月次ではなく必要なタイミングで管理することができます。

従業員が便利に使える 管理者が便利に使える

勤務時間に応じた警告設定

勤怠情報を元にシステム側から警告を出すことが可能です。

残業の多さや遅刻の多さ、休暇取得の回数などを予めシステム側に登録しておくことで自動的に警告を出すことが可能に。

これまで難しかったリアルタイムの従業員管理が可能になり、残業抑制によるコストカットや業務改善に役立ちます。

管理者が便利に使える

リアルタイムに人件費概算の算出・予実管理が可能

勤怠情報を元に、従業員別・部署別・会社単位の人件費の概算費用算出を行うことができます。

これまで締め日にならないとわからなかった人件費が月中でもわかるため、人員配置の参考になります。

総務部が便利に使える

勤務時間の自動集計

打刻情報は自動データ化・集計されます。

画面上で従業員単位、部署単位などの勤務情報が閲覧できます。更に打刻情報をCSVファイルでエクスポートも可能なので、特殊な集計・加工を行いたい時でも困りません!

タイムカード管理のときのような、タイムカード片手に勤務時間の転記はもう必要ありません。

総務部が便利に使える

給与ソフト連携で給与計算が楽になる!

集計された打刻情報を給与ソフトに取り込めば、給与計算もラクラク!

タッチオンタイムは、ほとんどの給与ソフトへの連携実績があります。

[給与ソフト 連携実績例]
タッチオンタイムと連携実績のある給与ソフト例

管理者が便利に使える

有給管理も可能!

シフト管理だけでなく、有給休暇の管理も可能。

契約勤務日数や労働日数により有給を自動付与し、残日数の管理も可能に。

1時間単位での有給取得も可能です。

総務部が便利に使える 管理者が便利に使える

タイムカード保管の必要はなし!

従業員の労働時間の記録は、厚生労働省の通達によって、3年間の保存が義務付けられているため、多くの企業がタイムカードを3年間分保管しています。保管のための倉庫代も馬鹿にならない、という声は少なくありません。

タッチオンタイムでは勤務情報がデータ化されているため、PDFファイルかCSVファイルに書き出しておけば、場所を取らずに半永久的に保管することが可能です。

総務部が便利に使える 管理者が便利に使える

海外でも使える!

タッチオンタイムは海外で働く従業員の勤怠管理にご利用いただけます。

海外で打刻された勤務情報でも、リアルタイムで国内から閲覧可能。海外出張、海外駐在員、海外拠点・海外工場や現地の従業員の勤怠管理が行えます。

これまでFAXやメールでやり取りしていた勤務報告の必要はなくなるため、集計コストの削減・業務の効率化が見込めます。

※ご利用は日本法人に限らせていただいています。詳しくはお問い合わせください。