アルバイトの多い企業でよく使う機能|勤怠管理システム『タッチオンタイム』

アルバイトの多い企業でよく使う機能

アルバイトの多い企業でよく使う機能

パートタイムやアルバイトの従業員が多い企業でよく利用する機能をご紹介します
シフト表の作成・印刷や時給設定・概算人件費の計算など役立つ機能が揃っています

スケジュールパターンの設定

勤怠ルールの登録を行います。ここに登録された時間が所定時間として適用されます。

登録内容は出退勤時間、休憩時間のほかに、みなし勤務やフレックス勤務の設定などができます。

スケジュールパターンは無限に作成することができます。

スケジュールパターンの設定

スケジュール登録

設定したスケジュールパターンを描く従業員に割り当てます。

月別、曜日別・時間帯別でスケジュールを割り当て人数の目標値を設定し、それを参考にシフトを組むこともできます。

※勤務パターンが固定の場合は自動的にスケジュールが割り当たるように設定することも可能です。
※従業員がスケジュールを申請することもできます。

スケジュール登録

シフト表の印刷

シフト表(スケジュール表)を印刷できます。

シフト表はexcelファイルで出力されるので、出力後に加工することもできます。

シフト表の印刷

ヘルプ勤務(応援勤務)

メインの所属店舗と異なる店舗で業務を行う、いわゆるヘルプ勤務(応援勤務)に対応しています。

ヘルプ勤務で発生した労働時間を加味した「実労働時間」も確認することが可能です。

ヘルプ勤務(応援勤務)

時給の登録

時給の登録が可能です。

時給は所定、所定外、残業、深夜残業、など細かい区分毎に設定することができます。

時給だけでなく、日給・月給の登録も可能です。

時給の登録

概算人件費の計算

概算人件費をリアルタイムで計算することができます。

概算人件費は従業員個人単位、従業員のグループ単位ごとに、日別・月別で計算・確認できます。

概算人件費は、登録された時給や日給と勤怠実績によって計算されます。

概算人件費の計算

勤怠の予実管理

あらかじめ従業員のスケジュールを登録していただくことで、予定勤怠と実績勤怠の比較ができ、予実管理が行えます。

予定と実績の差異がリアルタイムで計算できるので、店舗の負荷状況をいち早く知る材料になります。

勤怠の予実管理

英語版対応

英語表記でのご利用も可能です。

従業員が利用するタイムレコーダー画面・タイムカード画面はもちろん、管理者画面も英語表記することが可能です。詳しくはお問い合わせください。

英語版対応
英語版対応