業界別お悩み事例|勤怠管理システム『タッチオンタイム』

業界別お悩み事例

多くの業種・業界でご利用いただいています

業界別お悩み事例

タッチオンタイムはさまざまな業界で
ご利用いただいています

一般企業

一般企業

飲食業

飲食業

サービス業

サービス業

製造工場

製造工場

システム開発

システム開発

建設業

建設業

医療・福祉機関

医療・福祉機関

クリーニング業

クリーニング業

一般企業が抱える勤怠管理のよくあるお悩み

一般企業が抱える勤怠管理のよくあるお悩み

集計業務の効率の悪さ

ある程度の自動化は出来ているのものの、結局最後は手集計している。

営業社員の勤務時間管理

直行などの多い営業社員の勤怠管理は申告制で、万が一虚偽申告があっても気付けない。

残業抑制がしたい(業務の分散化)

リアルタイムで勤務時間がわからないので、締めてからでないと負荷のかかっている社員が判明しない。

タッチオンタイムを導入するとこう変わる

自動集計で業務効率UP

勤務時間は自動集計。CSVデータでいつでも出力できるから、給与ソフト連携も簡単。

勤務時間を正確に把握できる

GPS機能をONにして携帯電話で打刻すれば、どこにいる状態で打刻したのか一目瞭然です。

リアルタイムに勤務情報を把握

打刻情報がリアルタイムに反映されますので、「勤怠の見える化」が可能。 適切な指導で業務の分散化に繋がります。

一般企業にオススメのタイムレコーダー

営業職の場合は外出先での打刻ができる、携帯電話(スマホ)が便利です。
オフィスワークが多い職種ではどのようなタイムレコーダーも使いやすいので、価格や設置環境を考慮した上で適切なタイムレコーダーを選ぶとよいでしょう。 タイムレコーダーはこちらのタイムレコーダーのページでご紹介しています。

一般企業の導入事例

飲食業が抱える勤怠管理のよくあるお悩み

一般企業が抱える勤怠管理のよくあるお悩み

集計業務の効率の悪さ

ある程度の自動化は出来ているのものの、結局最後は手集計している。

営業社員の勤務時間管理

直行などの多い営業社員の勤怠管理は申告制で、万が一虚偽申告があっても気付けない。

残業抑制がしたい(業務の分散化)

リアルタイムで勤務時間がわからないので、締めてからでないと負荷のかかっている社員が判明しない。

タッチオンタイムを導入するとこう変わる

自動集計で業務効率UP

勤務時間は自動集計。CSVデータでいつでも出力できるから、給与ソフト連携も簡単。

パターン登録作成で簡単シフト作成

シフトのパターン登録を行えば、毎月のシフト作成を大幅に簡略化することができます。

勤怠の一元管理でヘルプの計算も簡単!

例え複数店舗に出勤しても、管理画面側で勤務時間を一元管理できるので、ヘルプ出勤なども簡単に管理できます。

飲食業にオススメのタイムレコーダー

飲食店では油汚れや水汚れ、盗難が心配されるため、パソコン不要のタッチオンタイムレコーダーが人気です。
調理を担当される方は薬剤の使用、ケガによる指紋認証率の低下の可能性があるため、複数の打刻方法を用意しておくとよいでしょう。ICカード認証式のタイムレコーダーも人気です。
また、不正打刻の防止を第一に考える場合は、 指静脈認証式 タイムレコーダーや 指ハイブリッド タイムレコーダーが人気です。
多店舗に所属している(ヘルプ勤務のある)従業員は携帯電話(スマホ)タッチオンタイムレコーダーをオススメします。

飲食業の導入事例

サービス業が抱える勤怠管理のよくあるお悩み

サービス業が抱える勤怠管理のよくあるお悩み

集計業務の効率の悪さ

ある程度の自動化は出来ているのものの、結局最後は手集計している。

毎月のシフト作成を簡単にしたい

毎月のシフト表作成に長時間を費やすことが少なくない。

ヘルプ出勤の計算が煩雑

複数店舗に出勤する従業員の勤務時間・給与の計算がするのが難しく、時間がかかる。

タッチオンタイムを導入するとこう変わる

自動集計で業務効率UP

勤務時間は自動集計。CSVデータでいつでも出力できるから、給与ソフト連携も簡単。

パターン登録作成で簡単シフト作成

シフトのパターン登録を行えば、毎月のシフト作成を大幅に簡略化することができます。

勤怠の一元管理でヘルプの計算も簡単!

例え複数店舗に出勤しても、管理画面側で勤務時間を一元管理できるので、ヘルプ出勤なども簡単に管理できます。

サービス業にオススメのタイムレコーダー

店舗勤務の場合は携帯電話(スマホ)以外の打刻方法をオススメします。不正打刻を防ぐ生体認証(指静脈認証タイムレコーダー指ハイブリッドタイムレコーダータッチオンタイムレコーダー)がオススメです。
多店舗に所属している(ヘルプ勤務のある)従業員は携帯電話(スマホ)タッチオンタイムレコーダーをオススメします。

サービス業の導入事例

サービス業が抱える勤怠管理のよくあるお悩み

製造業が抱える勤怠管理のよくあるお悩み

集計業務の効率の悪さ

ある程度の自動化は出来ているのものの、結局最後は手集計している。

打刻するのに時間がかかる

シフト交代のタイミングが重なり、タイムレコーダー渋滞が起きてしまう。

人件費の予実管理がしたい

生産管理の一環として、人件費も予実管理を行い、適切な人員コントロールをしたい。

タッチオンタイムを導入するとこう変わる

自動集計で業務効率UP

勤務時間は自動集計。CSVデータでいつでも出力できるから、給与ソフト連携も簡単。

「ピッ」と打刻できるスピード感

タッチオンタイムレコーダーなら、指を「ピッ」かざすだけで出退勤打刻が可能です。

月中でも人件費の予実実績を確認できる

勤怠情報を元に人件費の概算算出が可能ですので、月中でも人件費の予実管理が可能です。

製造業にオススメのタイムレコーダー

従業員が多い場合、認証速度・精度の高い、ICカード認証式のタイムレコーダーがオススメです。
また、ICカード認証を含む3WAY打刻ができるタッチオンタイムレコーダーは製造業界で評価が高く、多くの企業様でご利用いただいています。
また、不正打刻の防止を第一に考える場合は、 指静脈認証式 タイムレコーダー指ハイブリッド タイムレコーダーが人気です。

製造業の導入事例

システム開発業が抱える勤怠管理のよくあるお悩み

システム開発業が抱える勤怠管理のよくあるお悩み

集計業務の効率の悪さ

ある程度の自動化は出来ているのものの、結局最後は手集計している。

残業抑制がしたい(業務の分散化)

リアルタイムで勤務時間がわからないので、締めてからでないと負荷のかかっている社員が判明しない。

人件費の予実管理がしたい

生産管理の一環として、人件費の予実管理をしたい。

タッチオンタイムを導入するとこう変わる

自動集計で業務効率UP

勤務時間は自動集計。CSVデータでいつでも出力できるから、給与ソフト連携も簡単。

リアルタイムに勤務情報を把握できる

打刻情報がリアルタイムに反映されますので、「勤怠の見える化」が可能に。 適切な指導で業務の分散化に繋がります。

月中でも人件費の予実実績を確認できる

勤怠情報を元に人件費の概算算出が可能ですので、月中でも人件費の予実管理が可能です。

システム開発業にオススメのタイムレコーダー

出勤勤務の場合、どのようなタイムレコーダーも使いやすいので、価格や設置環境を考慮した上で適切なタイムレコーダーを選ぶとよいでしょう。価格や用途別でオススメのタイムレコーダーはこちらのタイムレコーダーのページでご紹介しています。
在宅勤務の従業員は打刻端末が不要なWebブラウザ上で打刻するレコーダーがオススメです。

システム開発業の導入事例

建設業が抱える勤怠管理のよくあるお悩み

建設業が抱える勤怠管理のよくあるお悩み

出退勤報告が一番のネック

出退勤の報告が一番のネック。電話や日報送信など、どのやり方もイマイチ。

集計業務の効率の悪さ

ある程度の自動化は出来ているのものの、結局最後は手集計している。

すぐに現場が変わり定型的な管理が困難

現場によってインフラ環境などが異なるため、定型的な勤怠管理を行うことが難しい。

タッチオンタイムを導入するとこう変わる

選べる打刻方法で確実に勤怠管理

用途に合わせて打刻方法を選ぶことができるので、出退勤報告を簡素かできます。

自動集計で業務効率UP

勤務時間は自動集計。CSVデータでいつでも出力できるから、給与ソフト連携も簡単。

クラウドシステムなら定型的な管理が可能

どこからでも同じサービスを利用できるクラウドならインフラ環境に影響されず定型的な管理が行えます。

建設業にオススメのタイムレコーダー

建設現場でのご利用では、携帯電話・スマホのご利用がオススメです。 使い勝手の良さから、建設現場でもタッチオンタイムレコーダーをご利用いただいている企業もあります。

医療・福祉機関が抱える勤怠管理のよくあるお悩み

医療・福祉機関が抱える勤怠管理のよくあるお悩み

集計業務の効率の悪さ

ある程度の自動化は出来ているのものの、結局最後は手集計している。

複雑な勤務形態の管理

医療機関ならではの複雑な勤務形態。紙ベースの管理は柔軟性はあるが、煩雑になりすぎ。

残業抑制がしたい(業務の分散化)

リアルタイムで勤務時間がわからないので、締めてからでないと負荷のかかっている社員が判明しない。

タッチオンタイムを導入するとこう変わる

自動集計で業務効率UP

勤務時間は自動集計。CSVデータでいつでも出力できるから、給与ソフト連携も簡単。

どんな勤務形態にも柔軟に対応可能

タッチオンタイムは勤怠管理に特化したシステムです。そのため、複雑な勤務形態にも対応できる柔軟さを持っています。

リアルタイムに勤務情報を把握できる

打刻情報がリアルタイムに反映されますので、「勤怠の見える化」が可能に。 適切な指導で業務の分散化に繋がります。

医療・福祉機関にオススメのタイムレコーダー

認証の速さや手軽さからICカード認証式のタイムレコーダー3WAY打刻が可能なタッチオンタイムレコーダーが人気です。 訪問介護などの現場では、携帯電話・スマホのご利用がオススメです。

医療・介護業の導入事例

クリーニング業が抱える勤怠管理のよくあるお悩み

クリーニング業が抱える勤怠管理のお悩み

集計業務の効率の悪さ

ある程度の自動化は出来ているのものの、結局最後は手集計している。

店舗も工場も勤怠を把握したい

タイムカードでは締め作業に時間がかかり、利益確定に遅れがちになってしまう。

毎月のシフト作成を簡単にしたい

毎月の店舗出勤シフト表作成に長時間を費やすことが少なくない。

タッチオンタイムを導入するとこう変わる

自動集計で業務効率UP

勤務時間は自動集計。CSVデータでいつでも出力できるから、給与ソフト連携も簡単。

場所が離れていてもリアルタイム管理

店舗と工場のように場所が離れていても、1つの管理画面で勤怠管理が可能です。

パターン登録作成で簡単シフト作成

シフトのパターン登録を行えば、毎月のシフト作成を大幅に簡略化することができます。

クリーニング業にオススメのタイムレコーダー

不正打刻を防ぐ生体認証(指静脈認証タイムレコーダータッチオンタイムレコーダー)がオススメです。 多店舗に所属している(ヘルプ勤務のある)従業員は携帯電話(スマホ)をオススメします。

医療・介護業の導入事例