事例一覧(飲食業)|勤怠管理システム『タッチオンタイム』
事例一覧(飲食業)

事例一覧 (飲食業)

株式会社コメダ(コーヒーショップ)

集計作業の削減!勤怠状況のリアルタイム確認もできるようになりました!
導入前

勤怠管理システムを導入する前は、紙での管理・集計を行っていましたが、収集と集計の作業に多大な時間をかけていました。

導入後

勤怠管理をシステム化したことにより、正確な勤怠データを簡単に収集・集計することが可能になりました。

もっと詳しい事例紹介ページへ

株式会社グランキュイジーヌ(飲食業(ラーメン))

集計作業の簡素化を実現!
導入前

締日後、3人の担当者が5日間かけて集計をしていましたが、店舗数増加に伴い集計処理が追いつかなくなり、給与支払日を10日から15日に変更せざるを得なくなりました。

導入後

タッチオンタイムを使うと、店舗からのタイムカードの到着を待たずとも、自動で集計できるようになります。勤務情報はクラウドシステムを通じて全拠点・全従業員分を管理出来るため、ヘルプ勤務の情報の集計も自動でできるようになり、集計作業を簡素化できました。

もっと詳しい事例紹介ページへ

株式会社みんみん(飲食業・小売業)

点在する店舗や工場の勤怠管理リアルタイム化により状況把握が随時可能に
導入前

勤怠管理システムを導入する前は、紙での管理・集計を行っていましたが、収集と集計の作業に多大な時間をかけていました。それにより、各店舗責任者の集計時間に負担がかかり、毎月締日に必要とする集計情報を、本部側がスムーズに受け取れませんでした。

導入後

勤怠管理をシステム化したことにより、正確な勤怠データを簡単に収集・集計することが可能になりました。 また、各店舗責任者が手作業で行っていた集計作業も自動化することにより店長の負担が減り、より一層お店の売上UPに時間をさける形をとる事ができました。

もっと詳しい事例紹介ページへ

株式会社テイザンフーズ(飲食店経営(FC))

勤怠管理システムを乗り換えて大成功でした
導入前

従来タイムカードを使っていましたが、正確な打刻時間を把握するためにタッチオンタイム以外のクラウド型勤怠管理システムを導入しました。ところがこの勤怠システムの利用に際して問題が多発したため使い続けることができず、タイムカードに戻すか、もっと良いシステムがないかと思っていたところ、タッチオンタイムと出会いました。そしてタッチオンタイムであれば問題なく利用ができるとわかったため、導入を決定しました。

導入後

従前のシステムでは、管理画面にログインしようとしてもサイトにアクセスできなかったり、勤怠データのダウンロードが困難(サーバーが重くて数時間反応しない)、ということもありましたが、タッチオンタイムはサーバの運用がしっかりしているため、問題なく利用できます!

もっと詳しい事例紹介ページへ

龍門商事株式会社(レストラン、ホテル、食品工場等の多業態)

複数業態にも対応でき、一元管理を実現しました
導入前

レストランやホテル、食品工場や売店など複数の業態があり、それぞれの店舗や工場がそれぞれの現場で打刻管理やスケジュール管理を紙で管理していました。結果、労働時間集計や従業員の動き確認・残業確認に時間がかかっていました。
そのため、正確で簡便な打刻管理と労務管理が必要となりました。

導入後

タッチオンタイムを導入したことで、従業員の打刻状況がリアルタイムで確認ようになったほか、勤怠データの集計、残業分析の手間が削減されました。
複数業態に関してもそれぞれの業態に対応できるシステムだったため、本部からの一元管理が実現しました。

導入に関しても大きな問題はありませんでした。 まず専門のサポートセンターが迅速に対応してくれるため、現場に混乱無く導入できたと感じています。
更に、拠点ごとに段階導入を進めることができ、現場に合わせた導入を行なうことができました。