事例一覧(医療・介護)|勤怠管理システム『タッチオンタイム』

事例一覧(医療・介護)

事例一覧 (医療・介護)

介護施設で使われている勤怠管理システム
result_hitachino

ひたちの整形外科

クラウド型なので、
職場でも自宅でも勤怠状況を確認できて便利です!
導入前

以前は紙のタイムカードを使用しており、集計作業や打刻漏れなどの確認は、私(院長)が業務終了後に行っていました。職場で作業しなければならず、他の業務もある為、なにかシステムを入れて効率化することはできないかと探していました。

導入後

Touch On Timeはクラウドサービスなので、自宅でも勤怠確認ができるようになり非常に便利になりました。打刻忘れ等があればアラート機能が教えてくれるので、すぐに従業員に確認を取ることが出来ます。
また、給与計算については社労士の方にアウトソーシングしているのですが、社労士の方向けにアカウントを発行し閲覧だけできるようにしている為、従来のようなデータのやり取りをする必要がなくなりました。
端末は専用端末のTouch On Time Recorderを使用しています。
建物の入退室に使っているICカードを使用することが出来たので、入り口近くに設置して従業員が打刻しやすい環境を作っています。

result_kukiezura

久喜江面クリニック

毎月の集計作業が自動化されて、
他の事に時間をさけるようになりました!
導入前

勤怠管理システムを利用する前は紙のタイムカードを使用していました。
タイムカードから院長自信が手作業でエクセルに入力しデータ化していましたが、転記ミスの確認で事務の方にダブルチェックを行ってもらっていたため、毎月かなりの時間がかかっていました。
また院長自身も他に業務を抱えている為、集計作業の時間を削減したいと思いシステム導入を検討していました。

導入後

システム化したことで、入力する手間がなくなってクリニック運営業務にさらに時間をさけるようになりました。
タイムカードからの転記ミス発生の心配もなくなり、ダブルチェックの作業も必要なくなりました。集計作業も自動で行ってくれるので、非常に助かっています。
また最初はシステムの設定は難しいのではと思っていましたが、タッチオンタイムの初期設定は簡単でした。
当初は自力で設定していましたが設定画面が見やすく、途中までは簡単に設定が進みました。最後の細かい部分や最終確認はサポートセンターの方に依頼しましたが特に問題もなく、スムーズに導入することが出来ました。

result_shinmura

しんむら整形外科クリニック

部門ごとに異なるシフトに苦労していましたが、
導入して解決できました
導入前

以前は紙のタイムカードを使用していました。しかしスタッフのシフトが担当部門ごとにばらばらなので、シフト表とタイムカードを一つ一つ確認して勤怠の時間をチェックする必要がありました。
集計作業は会計事務所の方にお願いしていたのですがさすがに大変だという話になり、勤怠管理システムの導入を検討していました。

導入後

当初あんなに苦労していた複雑な集計も自動でやってくれるので、私も会計事務所の方も大助かりです!
また部門ごとにたくさんあったシフトも管理画面で一目で見れるので、シフト作成の際も使いやすく気に入っています。
最初はシフトパターンを作るのがちょっと大変でしたが、作ってしまえばあとは当てはめるだけ!迷うところはサポートセンターの方が分かりやすく教えてくれて助かっています!

result_hadano

株式会社 秦野インクルージョン

勤怠の見える化に成功し、従業員の健康面を意識した
シフト管理ができるようになりました
導入前

かつては出勤簿に記録をとり手で集計をしていました。もちろん従来はそれでなんとか集計できていました。
ある日事業所を増やすことになったのですが、従業員数が従来の倍の数に向けてどんどん増えることになり。冷静に考えたとき、今後も手集計の作業が継続できるのか心配になってきました。
もともとはタイムカード等も候補に入っていましたが、市内に点在している各拠点からカードを集めてくることよりも、リアルタイムに集計が確認できるTouch On Timeが良さそうだなと思いました。
カードの取り違いによる打刻間違いも無いので、生体認証が良いなと思ったのも決めたキッカケです。

導入後

従業員が増えても管理ができるようになりました。

また従来から変形労働制を導入したいと思っていたので、Touch On Timeを入れたのを期に導入できました。
手集計で変形労働制にするのはほぼ不可能でしたから助かりました。あとは有給の比例付与なんかも手作業とは比べられないほど便利になりましたね。
MFクラウドという給与システムとTouch On Timeがスムーズに連携できることもあって勤怠部分から給与計算処理までの流れが大きく効率化されたことも、本当に良かったと思っています。

result_onohospital

社会医療法人 寿楽会 大野記念病院

勤怠の見える化に成功し、従業員の健康面を意識した
シフト管理ができるようになりました
導入前

今までは、従業員の勤怠管理をタイムカード(手書き)で運用しており、集計作業や残業時間のチェックも紙をベースに確認していました。
全てが人を介してのアナログな管理で行っていたため、作業工数がかかっていました。それを簡素化できることが理想でしたので勤怠システムを導入しました。

導入後

タッチオンタイムの導入後、当然のことですが集計がものすごく楽になりました。ただ、今までアナログの管理であったためそれぞれの部署で残業時間を把握しにくい状況ではありましたが、導入後はリアルタイムにそれぞれの部署でどのくらい残業しているか、労働しているかを把握することができるようになり、その点においてはとても助かりました。

もっと詳しい事例紹介ページへ

医療法人社団 白翔会 赤坂歯科クリニック(歯科)

他の勤怠管理システムから乗換導入。
シフトパターンが柔軟かつサポートの対応がしっかり!
導入前

以前は他のクラウド型 勤怠管理サービスを利用していました。
そのシステムは、様々なシフトパターンに対応できないことと、サポートが不十分だったため、とても困っており、別の勤怠管理システムでいいものがあれば乗換えようと考えていました。

導入後

乗換えを意識しながらいくつかの勤怠管理システムを選定し、実際にテストしてみました。
そして、シフトパターンが柔軟に設定でき、更にサポートの対応もしっかりしていたのがタッチオンタイムでした。
今後拠点が増えたとしても、安心して管理ができるようになりました。

もっと詳しい事例紹介ページへ

株式会社エイチ・エス・ジー(介護事業)

各事業所の勤務状況の勤務体制をリアルタイムで把握できるようになりました
導入前

介護業界では、『最低基準として要介護者3人に対してケアスタッフ1人以上がつくこと』が介護保険法で定められています。
タッチオンタイム導入以前の勤怠に関する管理はタイムカードで行っていたので、 人員配置にミスが起きないよう管理を徹底するため定期的に各事業所にシフトの提出させることや、 本部から電話をしての確認をおこなうなど、非常に手間と時間をかけて対策をしていました。

導入後

タッチオンタイムを導入したことで、6つある事業所の勤務状況を本部にいながらリアルタイムで把握できるので、適正な人員配置が可能になりました。これにより、今までかけていた管理の手間と時間が軽減しました。
従業員が病欠で休む際にも、本部から人の流れを見て配置させていくことで出来るので、簡単に対策を打つことが出来るようになりました。また各従業員がどのように働いているかを把握することで、勤務地の変更や、本部での急な用事を頼む際に、わざわざおこなっていた従業員の状況を確認する手間を省けるようになりました。

ワラビー動物病院グループ(動物病院)

離れた拠点の集計も簡単に処理できました
ヘルプ勤務も記録できるので便利です
導入前

これまでは、従来のタイムレコーダー+タイムカードを用いて勤怠を管理していました。
しかし、この管理方法では離れた拠点の勤怠集計に苦労することがあり、また、集計自体も手間でしたので、効率化できる方法を探していました。

導入後

タッチオンタイムを導入したことで従業員に負荷をかけることはありませんでした。
逆に、本部は離れた拠点の集計も一括で簡単に行うことができるようになり、 更に従業員の他拠点ヘルプも記録することができ、とても便利に感じています。