事例一覧(流通/小売業)|勤怠管理システム『タッチオンタイム』

事例一覧(流通/小売業)

流通・小売業を中心としたお客様の事例をご紹介いたします

result_case_saijou01

株式会社西條

利用者数:約900名/16拠点
打刻端末:Touch On Time レコーダー


リアルタイムで把握できる!
シ就業状況の把握が困難でした

従業員様の就業状況の把握に非常に時間がかかっていました。紙のタイムカードを使用していたため、従業員の就業状況を把握するのにとても苦労していました。
また拠点によっては様々な就業ルールもあり、そこの問題も改善したいと考えていたのです。

働き方改革の一歩へ!

Touch On Timeであれば日々のデータも人件費データも、手動で集計せずともすぐに確認ができます。アナログでは実現が難しかったリアルタイム管理がこれで実現できるようになりました!
また働き方改革の一歩としてもシステムを導入する事で、よりよい職場環境を作るための良いきっかけとなり大変助かっています。

株式会社 南山城(道の駅)

株式会社 南山城(道の駅)

利用者数:約50名
打刻端末:Touch On Time レコーダー


勤怠集計やシフト作成がすぐ出来て簡単!
システムを探すきっかけ

以前は部門長(物販・レストラン・加工・営業のトップ)が従業員の勤怠集計やシフト作成をしていました。
しかし従業員数も増えてきて、今のままだと部門長への負担も比例して大きくなってしまう。経理システムにマッチするシステムかつ安価なものは無いか探していました。

タッチオンタイムに決めた理由

自社の経理システムとも相性が良かったこともありますが、端末が安価で高性能であることが大きかったです。これはテストで実感できました。
集計の手間の削減によって負担を軽減できるので、他の業務に時間を使うこともできます。
また、人件費をリアルタイムにチェックできるので、今まで確認をするのも難しかった人時生産性のチェックにも、Touch On Timeをこれから活用していこうと思っています。

result_case_musashi01

株式会社海星ムサシ(鮮魚・精肉他食品の製造小売業)

利用者数:約650名/54拠点
打刻端末:Touch On Time レコーダー


打刻が簡単!従業員誰でも使えます
導入前

店長が日々パソコンで勤怠データの入力をしており、大きな負担となっていたのですが。 改善するにしても、打刻の方法をよく考えないといけないことが悩みの種でした。
パソコンを使った打刻だと、パソコンが苦手な従業員に負担を強いてしまう可能性がある上、店長が作業しているときに従業員の打刻でその手を止めてしまうことになるので、その状態は避けなければと考えていました。

導入後

Touch On Timeレコーダーでこの問題は解決できることが判明しました。パソコン不要で打刻ができますし、専用端末も使いやすいので従業員は簡単に打刻できて、その都度店長は作業を中断しなくて良い。もちろんデータ入力の手間も削減される。
「何で打刻するか」で悩んでいた分、ピッタリの仕組みが見つかって安心しました!

result_case_cybele01

株式会社シベール(洋菓子・パンの製造小売業)

利用者数:約550名/23拠点
打刻端末:Touch On Time レコーダー


変形労働制の導入もスムースに進みました
導入前

変形労働制を採用しようと考えていたのですが、先にシステム化をしないと計算の手間が増えてしまうと考えました。
それはもちろん本部だけの問題ではなく、店舗や工場で日々業務に励む従業員に対しても余計な負担が増えてしまうことになります。
加えて、店舗や業態ごとで就業ルールも異なる現状をどうしたら良いかも悩みの種でした。

導入後

Touch On Timeであれば、店舗ごと・業態ごとでフレキシブルに設定をすることができました。
変形労働制にも対応しているのと、いつでも設定は変えられるということで助かっています。
また困ったときはサポートへ連絡すれば助けてくれるので、今後も安心して使うことができます。

株式会社パスポート(小売業)

拠点数:61拠点
打刻端末:指静脈認証


手厚いサポートのおかげで多店舗でスタートができました!
導入前

複数の拠点やグループ会社もあり、異なる勤務形態を各々の管理方法で管理していくのが大変でした。また企業だけではなく、店舗ごとでもシフトやルールが異なるため、管理するのに苦労していました。そこで勤怠管理システムの変更を検討しはじめました。
しかし、システムを変更するにしても本当にそれが使えるかどうかは確信が持てず、当初は導入に対し不安でした。

導入後

タッチオンタイムならいくつでも拠点を増やせる上、設定を細かく分けることができるので、企業単位でも店舗ごとでも個別のルールを設定することができました。
やりたかったことをできるということが無料体験中に確認できたので、まず本社や近隣の少数店舗だけで利用し、その後は利用範囲を広げて、各拠点でどう運用するのかじっくり確認ができました。

道の駅かつらぎ(小売業)

利用者数:約80名
打刻端末:Touch On Time レコーダー


時間管理と人件費がリアルタイムで把握できる!
導入前

創業スタートに際して、リアルタイムな時間管理と人件費の把握をしたいと考えていました。店舗を安定して運営するには、リアルタイムな管理実現と人件費の把握が不可欠だからです。
リアルタイムに把握するには毎日集計と計算を行う必要がありますが、経理担当は1人で、しかもこれまではタイムカードを利用していたので作業量的に集計を行うことは難しかったのです。

導入後

タッチオンタイムなら日々のデータも人件費データも、集計作業を行わなくてもすぐに確認ができるため、アナログでは実現が難しかったリアルタイム管理が実現できます!時間管理や人件費把握のための操作も、まずは徐々に使い始め、慣れてきてからシフトや予実管理機能をフル活用・・・と、少しずつ始められます。
そのため、システム導入においても負担なく導入ができて、とても助かりました!

ティー.ティーコーポレーション(小売業)

利用者数:約1,000名/13拠点
打刻端末:Webブラウザ打刻


残業時間がリアルタイムで把握できる!
導入前

従来メールで出勤報告を行っていましたが、管理が煩雑になってしまうことに困っていました。そんな折、就業規則変更に伴い従来の方法を続けることができなくなり且つ、従業員の残業時間の確認方法を一新する方針に決まったのです。さらにそれを早急に進めなければならなかったのでとても困っていました。

導入後

従業員に負荷をかけることなく、簡単に打刻を行うことができています。従業員の残業時間もリアルタイムで把握することができとても便利に感じています。また、サポートセンターの方がしっかりフォローしてくれるので時間がない中での導入でとても不安でしたが、スムーズに導入ができとても助かりました!