遂に連携スタート!MFクラウド給与連携のご紹介 | 勤怠管理システム『タッチオンタイム』
タッチオンタイム活用ブログ

タッチオンタイムを使うと勤怠管理はこんなに便利になる!

タッチオンタイム  活用ブログ

遂に連携スタート!MFクラウド給与連携のご紹介

こんにちは。「Touch On Time」サポートセンター担当 藤澤です。

こちらのブログでは、Touch On Timeの知って得する便利機能などを中心に、システムに関する色々な機能をご紹介させていただきます。

今回は、4/1から開始されました、「MFクラウド給与」と「Touch On Time」のサービス連携についてのご紹介です。

CMも多く流れおり今話題の「MFクラウド給与」との連携がとうとうスタートいたしました!ご利用いただく場合には別途お申込みが必要となりますので、ご希望されるお客様は以下サイトからのお申込み手続きをお願いいたします。

【Touch On Time専用サイト内】 https://www.kintaisystem.com/

お申込み完了後、2営業日以内までにTouch On Timeサポートセンターからのお申込み受付完了メールが届きます。その後、「Touch On Time」にログイン頂きますと、[設定] > [その他] > [オプション]から接続文字列の確認が可能になります。

取得した文字列は「MFクラウド給与」上で設定を行ってください。

サイドメニューの [連携設定] をクリック >「Touch On Time」欄の右側 [連携設定] をクリック >「Touch On Time 連携」画面が表示されますので、接続文字列を入力し [登録する] をクリックします。

上記で連携設定は完了です。

では、具体的にどのようなことが出来るのか見てみましょう。


1.従業員データの取り込み

Touch On Timeで登録した従業員情報を、そのままMFクラウド給与に取り込むことが可能です。
MFクラウド給与画面の[従業員情報]より、[従業員の追加/更新] をクリックし「Touch On Timeから従業員データを取り込む」を選択します。

その後、「従業員データ取り込み」画面が表示されますので、[取り込む] をクリックします。
従業員情報が取り込まれ、紐付けられた従業員には、「勤怠」(項目の)列にチェックが反映されます。

※ 入社年月日、従業員コード、契約種別等、一部の基本情報は自動反映されますが、基本給の金額や通勤 手当等、給与計算に必要な情報は[詳細設定]より設定が必要です。

2.勤怠データの取り込み

サイドメニューの [給与計算] をクリックし、[メニュー] の「Touch On Timeから勤怠データをインポート」を選択後、[勤怠をインポート] をクリックします。

取り込みが完了しますと勤怠項目に反映されます。

いかがでしたでしょうか。

勤怠の集計から給与計算までを簡単に行うことが可能になった「MFクラウド給与」連携にぜひご注目くださいませ!

Touch On Timeをご利用中で給与ソフトをこれからご利用されるお客様にとっても朗報ではないかと思います。毎月の締め作業の効率化にぜひご活用ください。