企業が働き方改革を実践するには? | 勤怠管理システム『タッチオンタイム』
企業が働き方改革を実践するには?クラウド勤怠管理の導入がオススメ

企業が働き方改革を実践するには?クラウド勤怠管理の導入がオススメ

インターネットニュースや新聞記事などで、「働き方改革」という言葉を目にする機会が多くなりました。しかし、実際に「働き方改革って何なの?」と聞かれたとき、明確に答えられる人はあまり多くないのではないでしょうか。ここでは、トレンドワード「働き方改革」について解説し、企業にメリットのある形でスタッフの働き方を改革するにはどうしたらよいか、という点について解説していきます。

働き方改革とは?

2018年6月に可決された働き方改革関連法案。自分が働いている会社と働き方改革の流れが無関係でないことを感じ取っている人もいるでしょう。働き方改革を簡単に言い換えると、「一億総活躍社会を実現するための改革」となるでしょうか。「一億総活躍社会」とは「多様な働き方を実践し、さまざまな人々が自分の能力を発揮しながら活躍できる社会」を意味し、首相官邸ホームページでは働き方改革のことを「一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ」と表現しています。

働き方改革が必要になった背景には人口減少があった!

では、一億総活躍社会という考えや、それを実現するための働き方改革はどのような経緯で必要になったのでしょう。

その背景には、「労働力人口(労働人口)の減少」が挙げられます。日本では労働の主力となる人口(15歳以上で、労働の能力と意思を持っている人の数)が大幅に減少しており、このままのペースだと2060年には日本の総人口は8674万人に減少、労働力人口に関しては4418万人まで減ると言われています。

こうした総人口や労働力人口の減少が、国の生産力低下を招くことは想像に難くないでしょう。国はそうした事態を避けるため、「50年後も人口1億人を維持し、誰もが活躍できる社会」として、一億総活躍社会の実現を目指しているのです。

しかし、「人口を維持する」「労働力人口を確保する」と言っても簡単なことではありません。そこで国は、働き手を増やしたり労働生産性を向上させたりするために、「長時間労働の是正」「正規・非正規にとらわれない公正な待遇の確保」「賃金引上げ」などの施策を掲げました。

働き方改革への具体的な3つの対応策

ここでは、働き方改革の根幹として挙げられている「長時間労働の是正」「正規・非正規にとらわれない公正な待遇の確保」「賃金引上げ」の具体的な内容をご説明します。


長時間労働の是正


日本では昔から、長時間労働が大きな問題となっています。行き過ぎた残業や休日出勤がはびこる現状にストレスを感じている人が多いのは、皆さんご存知の通り。仕事と家庭の両立が難しいと音を上げる人もたくさんいます。

そこで国は、従業員の労働環境を見直すよう企業に働きかけたり、長時間労働の常態化が疑われる会社に対して監督指導を徹底したり、といった対策を取っています。また、時間外労働の例外を認める温床となっている「時間外労働協定(36協定)」についても見直す考えです。


正規・非正規にとらわれない公正な待遇の確保


「同じ業務内容なのに、正規と非正規社員で給料が違う……」 こうした待遇格差を解消するため、国ではどのような雇用形態を選択しても納得できる待遇を受けられる体制づくりを推進。そのためのガイドラインを整備するのと同時に、非正規労働者を正社員にするといった「キャリアアップを実現するための動き」も進めています。


賃金引上げ


賃金引上げには、経済を好循環させるという目的があります。2018年現在は年率3%程度を目安に、最低賃金を引き上げていくことを目指しています。また、最低賃金を引き上げるため、中小企業・小規模事業者に対して生産性向上のための支援も行っていくとしています。

具体的には、中小企業・小規模事業者が生産性を向上させるために設備投資を行い、事業所内の賃金を引き上げることができた場合、設備投資にかかった経費の一部を助成してもらうことができます。

働き方改革に「クラウド勤怠管理」を活用するとどうなる?

働き方改革を実現するには、長時間労働や待遇格差を見直したり、賃金を引き上げたりすることが重要だとわかりました。では、働き方改革を進めるにあたり、企業はどのような手を講じればよいのでしょうか?

実は、企業が働き方改革を実現するためのカギとなるのが「クラウド勤怠管理」の導入です。クラウド管理システムを使えば社員の勤怠をクラウド上で管理でき、社員一人ひとりの労働時間をひと目で確認することが可能。業務の改善ポイントを把握しやすく、働き方改革で重視されている「労働生産性の向上」に役立てることができます。

クラウド勤怠管理は、「長時間労働の是正」にも効果があります。社員一人ひとりの労働時間をリアルタイムで“見える化”することで、残業のし過ぎや休日出勤の日数が一目瞭然に。社員の労働時間が把握できれば、案件の割り振りを変えるなどしてリソースをマネジメントすることも可能でしょう。有給休暇の取得を促してリフレッシュにつなげたり、仕事へのモチベーションを高めたりすることにもつながります。こうした取り組みにより、生産性の低下を防ぐことが期待できます。

また、スタッフ一人ひとりの働き方に合った勤怠管理ができるのもメリットのひとつです。最近では、場所や時間に縛られずに働く「テレワーク」というスタイルも増えています。しかしテレワークの場合、従来のようにタイムカードに出退勤時間を打刻する勤怠管理では、誰がいつ仕事を開始したかを把握するのは難しいですよね。出退勤時間をクラウド上で管理できる勤怠システムなら、社員の労働時間をデータ上で一元管理できます。

クラウドで勤怠管理する方法が、「労働生産性の向上」「長時間労働の是正」「多様な働き方の実践」という、働き方改革における重要な要素を支えるシステムになり得ることがわかったかと思います。労働時間をクラウド上で一元管理したほうが、一人ひとりのタイムカードを一枚ずつ管理するよりもわずらわしい手間に悩まされません。経営者や総務担当者の負担が小さく済む ことも覚えておきたい点です。


企業がクラウド勤怠管理を導入するメリット3つのメリット

1. 社員の労働時間の把握が容易になり労働生産性の向上につながる

2. 長時間労働を是正しやすくなる

3. 社員一人ひとりの働き方に合った勤怠管理ができる

「タッチオンタイム」を導入するとこうなる!

メリット1:シェアNo.1、導入社数1万社以上


タッチオンタイム(Touch on Time)は業界シェアNo.1であり導入している企業は1万社以上。そしてシステムの継続率は99.7%を誇っています。

費用形態はとても明瞭。初期費用は無料で、利用料は月額300円/1人。オプションによる追加料金などはありません。登録従業員数による課金ではなく、本当に使った分だけ課金される従量課金制なので、始めやすいサービスです。

またサポート体制も充実しており、サポート満足度94%と非常に高い満足度となっており、システムと労務知識に長けたサポートセンターが応対しています。


メリット2:独自開発タイムレコーダーがすごい


打刻方法

タッチオンタイムには、「タッチオンタイムレコーダー And.」という独自開発のタイムレコーダーがあります。このタイムレコーダーは、 打刻方法を「指紋認証」「ICカード」「従業員ID+パスワード」の3種類から選べます。指紋認証の場合、タイムカード管理でありがちな不正打刻を防ぐことができます。生体認証は「認証率が悪い」「どうしても指紋を認証できない社員がいる」というイメージがある方もいるかもしれませんが、タッチオンタイムレコーダーAnd.には指紋認証のほかにICカードや従業員ID+パスワードによる打刻方法も使えるので、打刻できない人がいないというメリットがあります。複数の打刻方法を用意しておきたい企業にとっては、導入しやすいでしょう 。

タッチオンタイムレコーダーAnd.はパソコンに接続する必要がありません。そのため、従来のタイムレコーダーの設置場所に多い出入口付近にパソコンを置く必要がなく、セキュリティの観点で安心してご利用いただけます。また、パソコンを起動し続ける必要もないので、24時間いつでも出退勤がある現場でも活躍してくれます。

タッチオンタイムレコーダー And. の詳細はこちら

メリット3:無料で30日間「お試し」ができるので導入リスクが低い


勤怠管理システムがどのくらい活用できるのか、実際に使ってみないことにはわからないと思います。そこでタッチオンタイムでは、すべての機能を30日間無料でお試しいただける、トライアル期間を設けています。 また打刻用のタイムレコーダーを無償で1台貸し出しているため、お気軽にお試しいただける体制を整えています。

小難しい初期設定に関しては、ご希望に応じてお客様の就業規則をヒアリングした上で、最適な設定方法をご提案することもできます。

本当に利用できるか、実際のシステムをじっくり検証してから導入できるので、導入失敗のリスクが低いというメリットがあります。

30日間無料トライアルのお申込はこちら

導入事例で知るタッチオンタイムのメリット

実際にタッチオンタイムを導入した企業の声を聞くと、「社員の出退勤管理をしやすくなった」「リアルタイムで従業員の勤怠を管理することで残業を抑制することができた」という意見のほかに、「紙管理から乗り換えることができて集計が楽になった」という意見もあります。どの 企業も、これまで勤怠管理にかけていた時間や管理コストを節約することで、生産性の向上、残業抑制や無駄の削減に成功したのが見て取れます。

タッチオンタイムの導入事例はこちら

まとめ

これまでは、「長時間労働や残業・休日出勤は当たり前」という風潮がありました。しかし、時代の流れとともに従業員の働き方も変化しつつあります。今では長時間労働を改め、限られたリソースの中で生産性を発揮し、多種多様な労働形態で活躍していくことが望まれるようになってきました。働き方改革は、そんな時代のニーズを反映した動きと言えるでしょう。

だからこそ、「会社にとっても従業員にとっても無駄のない働き方」をアシストする勤怠管理システムを導入していくことで、より働きやすい社会を築くことができます。「タッチオンタイム」を、そんな働き方改革の実践に活かしてみませんか? 導入によって、さまざまな側面からメリットを感じていただけるはずです。

クラウド勤怠管理システム「タッチオンタイム」をもっと詳しく知る

タッチオンタイム お客様導入事例

知っとく!勤怠管理

more

タッチオンタイムレコーダーに待望のレンタルプラン登場 Touch On Time for 飲食店 Touch On Time for 製造業 Touch On Time for 小売業 寺岡精工について