メニュー

シェアNo.1のクラウド勤怠管理システム

資料請求
お問い合わせ

問合せ

勤怠管理のお悩み、まずはお気軽にご相談ください

勤怠管理のお悩み、
まずはお気軽にご相談ください

03-5579-0385

受付時間
平日9:00~18:00

資料請求・お問い合わせ

30日間無料トライアル申込み

30日間無料
トライアル
お試し

知っとく!勤怠管理!

【労務リスク回避ハンドブック プレゼント】労務リスクから考える勤怠管理とは

ナレッジ

今回の「知っとく!勤怠管理」では労務リスクについて考えてみます。

労務リスクとは?

労務リスクと一言でいっても、実際は様々なケースが考えられます。例えば未払残業代の問題や長時間労働、ハラスメント問題や法改定準拠など様々なことが起こる可能性があるからです。

これらの労務リスクは、ちゃんとした形式にのっとらず場当たり的な対応をしてしまうと、コンプライアンス違反などの社内問題だけでなく、労基署への通報などに繋がり、問題が深刻化するケースが非常に増えています。

また、過労死が発生すると「ブラック企業」というレッテルを貼られる可能性が高く、企業への社会的信頼が大きく損なわれることは明らかです。

労務リスクを回避するには

こうした労務リスクを回避するには、経営層がこの問題を直視し、改善に務める取り組みが必要になってきます。例えば、マネージャーを対象としたハラスメント対策研修の実施や、勤怠の見える化を実現する勤怠管理システムの導入などです。

また、就業規則を適正に管理することも大切です。就業規則が存在しないところは早急に、そして適正なものを作成することが求められます。また、就業規則はあるものの、事業所内の従業員が就業規則の存在を知らないような状態でも適正な管理ができているとはいえません。そのため、従業員が誰でも就業規則を閲覧できるようにすることが大事です。

未払い残業代や長時間労働の問題に関しては、タイムカードを活用した勤怠管理を進めていくことで未然に防ぐことができます。ノー残業デーの施行、残業や休日出勤の申請制など、就業時間内に仕事を完結させる努力を行うことが必要となります。

実践的なリスク回避方法が知りたい方に
「人事労務リスク回避ハンドブック」をプレゼント!

とはいえ、具体的にどのようなアクションをすればいいのかわからない、という企業は多いのではないでしょうか。そんな企業の経営者・担当者のために「人事労務リスク 回避ハンドブック」を作成しました。

このハンドブックは労務管理の業務に精通した社会保険労務士監修のもと、企業でよくある労務リスクを回避するためには何を実施すればよいのか、ポイントを絞ってご紹介する、参考になるハンドブックです。

今一度、自社の労務リスクについて考えてみたいという企業様必携の資料ですので、ぜひお気軽にダウンロードください。

人事労務リスク回避ハンドブック
申込み入力フォーム

勤怠管理システムについてもっと詳しく知りたい方は!簡単資料請求・お問い合わせはこちら

知っとく!勤怠管理! TOP

知っとく!勤怠管理!

PAGETOP